2020年01月19日

MacOS 8.1でのSetDateは不安定

2020年を迎えてMacintosh Quadra 800が直面した・・・



MacOS 8.1の2020年問題




◎i-Power Style Navi
 MacOS 8.1に2020年問題が勃発!! (2020/01/04)






その解決策として、4桁の""を設定できるコントロールパネル・アプリ(CDEV)・・・


SetDate

スクリーン 7 2



・・・を使うようにしていましたが、その後、使っていくうちに、非常に・・・


不安定



・・・であることがわかってきました。



症状

コントロールパネル・アイテムとしては・・・


◆日付時刻を入力して「Set」ボタンを押すとフリーズする時がある
◆一旦フリーズすると何度再起動しても再発



一方、SetDateは「コントロールパネル」フォルダから出して、普通のアプリとしても使えますが、その場合は・・・


◆日付時刻を入力して「Set」ボタンを押すと異常終了する時がある
◆再度アプリを起動して使用すると再発しない場合もある





で、今後の対応・・・

フリーズする場合、機能拡張で入れている他のものとの絡みで起きていることも考えられますが、現状インストールしている各ソフトは必要最低限レベルのもので、どちらかと言うとSetDateよりも優先度が高く、そのためコンフリクト相手を探して、そちらを使わないようにすることはできません。


とはいえ、今の所、MacOS 8.1上で日付を設定できるアプリはSetDateしか知らないので、他の手段が見つかるまでは・・・


SetDateを通常アプリとして使用(フリーズしないので)
◆なるべく日付設定をしなくても良いように内蔵電池を使用



・・・と言ったところで、対処しようと思います。




内蔵バッテリーの液漏れを恐れて、これまでQuadra 800には内蔵電池を入れずに使ってきましたが、その分・・・



こまめにチェックする



・・・という、いわゆる「運用でカバー」するよう路線変更したいと思います。







ipodnavi at 13:50|この記事のURLComments(0)

2020年01月18日

AIWA カセットレコーダー TP-710のベルト交換

かなり古いAIWAのカセットテープ・レコーダー・・・



TP-710


IMG_4138



・・・の修理と駆動用ベルトの交換をしました。




状態

テープを入れて再生すると・・・


◆ガサガサ音がして、再生音が聞き取れない
◆再生音の速度が遅くなったり少し速くなったりと酩酊状態



ガサガサ音については、どこかのハンダ付けによる接触不良かな・・・という感じ。
"酩酊"については、まさに駆動ベルトが緩んでいる時の象徴的な状態。




解剖する

裏蓋を外します。
比較的簡単な組み上げ方でございます。

IMG_4013



ちなみに上の画像は、テープカウンターのベルトは既に外した状態です。

IMG_3620



このカウンター用のベルトは、ちゃんと動いているようなので、今回は交換しませんでした。



ガサガサ音の解消

裏蓋を開けた状態で、テープを動かしながら、プラスチック製のピンセットで各半田付けポイントを突いてみると・・・

IMG_4013 w300



ここのボリュームのところと、フレキシブルケーブル、のハンダ・ポイントの3箇所くらいで、ガサガサすることが判明・・・そこの再半田付けを行いました。


名称未設定 1



一応、これでガサガサするのは止まったみたいです。




駆動ベルトのサイズ

さらに、基盤の下に隠れている駆動用ベルトを調べてみると・・・

IMG_3622


そんなに緩んでいないものの、張力はかなり落ちていて、ベルトの張りは余りありませんでした。



では、「いざっ、交換っ!」ということで、古いベルトを外してサイズを調べてみたところ・・・

IMG_4145



◆直径:7.4cmくらい
◆太さ:0.5mmくらい


でした。

まぁ、太さについては、ノギスで計測しましたが、直径については、綺麗な円ではなく凸凹の状態での目分の測定なので余りにも大まかすぎる数値です。



そこで、太めの糸を、ベルトの経路に掛けてみて、その長さを測ってみました。



すると・・・

◆長さ:約220mm

・・・でした。ここから、直径を出すと・・・

◆直径:約70mmくらい


この数値を元に・・・

太さについては、伸びた状態の0.5mmでしょうから少し太目を・・・。

直径については、緩すぎると満足に動力が伝えられない(スリップする?)し、キツ過ぎると回転に影響をあたえるでしょうから、どれほどの小ささまで落とすべきか・・・というところが悩ましいところです。
おまけに、糸で計測した時に、それほど正確に測れているとは思えないし・・・(多分、少し"大きめ"方向に誤差があるか・・・)

そこで、目安として直径は、64mmから68mmくらい・・・と設定しました。




購入はYahoo!オークションから

当初、製品名でサーチして、eBayの商品にたどり着いていましたが、実はYahoo!オークションでも、今回使えそうなベルトが、サイズ指定で販売されていることを知りました。


さらに、先日ご紹介したWM-RX707では、eBayから製品名で(「WM-RX707」用として)買って、商品の価格、送料、ともにYahoo!オークションと同じくらいの価格で買えましたが、概ねeBayの方が価格は高く、発送先が海外なので送料も高めになりがちなようです。
サイズをある程度絞ることができるなら、Yahoo!オークションで買った方が安いような・・・。



そこで、Yahoo!オークションで販売されているベルトを眺めてみると、細めのものでは0.5mm0.6mm0.7mm、の太さのものが出品されていて、0.6mmでは、今回対象としている範囲では・・・



◆内径64mm
◆内径66mm
◆内径68mm


・・・というサイズがありました。



その中から、今回は・・・


0.6mm角、内径66mm



・・・のサイズを選んでみました。




装着!

到着した交換用のベルトを、さっそく装着したところ・・・


IMG_3869



・・・と、無事に取り付けることができました。
しまった!。装着前の到着した商品の写真を撮っておくの忘れた!!;;;
そのため、一気に、装着後の写真となってしまいました;;;




思っていたよりも、ちょっとキツめだったので、もしかすると内径67mmとか68mmとかで良いのかもしれません。

ただ、装着後のカセットテープ再生では、遅くなって速度調整の必要を感じることなどなく、しっかりと再生できています。
(精密な速度チェックの手段がないので、五木ひろしさんのカセットテープものの曲と、iTunesでの曲を同時再生させてみて、ズレがないか・・・で判断した程度ですが;;;;)




ということで、駆動用ベルト交換、一応・・・



大成功!!




・・・で、ございます。



まとめ

IMG_4138AIWAのカセットテープ・レコーダー「TP-710」の駆動用ベルト交換で、今回使用したベルトサイズは・・・


◆厚さ:0.6mm

◆内径:66mm



・・・でした。

尚、装着時に少しキツめに感じたので、もしかすると直径67mmとか68mmでも良いのかもしれません。ただ、66mmの装着でも速度低下などの影響は見られませんでした。



それと、ついでにカウンターのベルトも計測しました。
こちらは、だいたいの円を作って目分による計測と、太さについてはノギスによる計測では・・・

直径:2.6cm程度(目分による計測)
太さ:約0.5mm(ノギスによる計測)


・・・でした。








ipodnavi at 17:35|この記事のURLComments(0)

2020年01月16日

ウォークマン WM-RX707のベルト交換

最近、ずっと使ってなかったカセット・テープを録音・再生できる"ウォークマン"・・・


WM-RX707



・・・のベルト交換を行いました。


IMG_4139




状態

再生ボタンを押すと、通電はしているものの、テープが回らない・・・という状態。

まぁ〜・・・


駆動ベルトがやられてる



・・・と、想像がつく状態。




分解で確認

裏蓋を外すと・・・


IMG_3592




・・・な感じ。




この状態で動かしてみると、ベルトがスルスルと空回りしてます。



実際に、ドライバーでベルトを引っ張ってみると・・・


IMG_3594



・・・と、ダルダル;;;です。




eBayで注文

eBayで探してみるとWM-RX707用の駆動ベルトを売っていたので、注文してみました。

なんとっ!、販売している人はスロバキアの方でした。
それと、価格が600円くらいで、保証なしであれば1.9ドルの送料で発送してくれる・・・という良心的なバイヤーの方。

で、土曜日に注文して、火曜日に発送、翌週木曜日(9日間かけて)到着。
もう〜、十分満足な到着感です。




装着

ベルトを交換するためには、基盤を剥がすと作業が楽です。


ウォークマンは、多分、今回のような修理やメンテナンスを想定して主要な部分にコネクタを使ってくれています。
そのため、コネクタを外すことで・・・


IMG_3603



・・・、基盤をめくることができるため・・・


IMG_3596



・・・作業がやり易いです。

一方、このあと、修理したAIWAはケーブルを半田付けしていて、どこかの線をハンダを溶かして外す必要がありました。
この点、SONY製品は優れているのかも・・・・



そして、交換用のベルトを・・・


IMG_3589Mod



装着して・・・


IMG_3601




・・・、あとは再度組み立てるだけです。



装着後の感想

で、装着後、無事に動くようになりました。

ただ、リバース側は、ピンチローラ がキャプスタン を押し付けられた状態のまま保存されていたため、キャプスタン 型に凹みが出来てしまっていて、そこに行くとリバースが起きてしまうことがわかりました。

まぁ、片面再生でもなんとかなりますが・・・できれば、ピンチローラ も交換したいですねぇ〜♪


・・・ということで、この1ヶ月後、なんとか装着できそうなピンチローラ を見つけて交換することになります。(そのお話は、別の機会に・・・・)






ipodnavi at 12:57|この記事のURLComments(0)

2020年01月15日

Quadra 800:フロッピー・ドライブのリフト動作の改善

Quadra 800に搭載されているソニー製のフロッピー・ドライブ・・・


IMG_3655



・・・の、フロッピー挿入後の動きが、今ひとつです。



フロッピー挿入後は、奥に行くとともに下側に沈み込み・・・


IMG_3800Mod





・・・そこで、フロッピーのシャッターが開けられて、ディスク上の情報が読み込まれ、その情報を元にMacのデスクトップにフロッピー・アイコンが表示されますが、そのフロッピーの沈み込みが・・・



非常にゆっくり



・・・だったり、最悪は・・・



下がり切らず



・・・、そのためフロッピーの読み込み(認識作業)が行われないことが時々あります。



これまでに、目に付く可動部分には各種グリスを塗ってきたんですが、このリフト部分の動きは全く解決していませんでした。




フロッピー下が原因

そこで、今回、たまたま目についた、フロッピを支える下側の金属の板・・・の下側を掃除してみたところ、動作がスムージなりました。



コピー用紙を切り、3重くらいに折りたたんだものを、突っ込んでゴシゴシ・・・・


IMG_3798



すると・・・


IMG_3801



・・・結構汚れています
(上記の画像は、既に何回か入れた後で、最初はもっと汚れていました)





それをやってから、フロッピーを入れてみると・・・



ガシャッ〜ン



・・・と、いきなりスムーズになってしまいました。




これを何回か繰り返して、綺麗になったところで、同様の方法で今度はシリコングリスを掃除した箇所に入れて広げておきました。



これ以来、以前の挿入後のゆっくりしたスタンバイ動作は影を潜め、入れた途端に



ガシャッ〜ン



・・・とセットされるようになりました。


IMG_4137










ipodnavi at 10:14|この記事のURLComments(0)

2020年01月14日

eBayで買った商品を返品〜国際eパケットの使用

先日、eBayで買ったテープレコーダーの駆動ベルト(製品のメーカー、モデル指定のもの)が全くサイズが合わなくて、その部品が対象としていた製品のものとは全く思えないものだったので、返品することになりました。


eBayでの返品など、初めての経験だったので、わからないことも多く、一応メモしておきます。



eBayへ返品リクエスト

まず、eBayに返品リクエストを出しました。

注文内容のページに、返品リクエストのリンクが表示されているので、そこから手続きを行います。

◆返品理由を選ぶ(今回は「Wrong item sent」)
◆コメントを記述
◆できれば画像を添付


で、リクエストする送ると、eBayを介して、バイヤー(販売者)にリクエストが届きます。

すると、バイヤーから「了承した」という返答がくるので、そこから返送作業の開始となります。




国際eパケット

今回買ったのは、テープレコーダーの内部にある駆動ベルト、30gほどの重さの商品でした。



そこで、返送するための配送方法を探したんですが・・・追跡が出来て、そんなに日数がかからず、お安い・・・方法はないかと調べてみると、郵便局が提供する・・・



国際eパケット



・・・というサービスを見つけました。



加えて、保証や追跡サービスを付けないのなら、米国までなら150円くらいで送ることもできる・・・というのも初めて知りました。




国際eパケットの特徴は・・・


◆50g以下なら米国までで560円
◆追跡ができる(国により可否があり)
◆6,000円を限度に保証がある
◆ニューヨークまでなら1週間程度で到着

◆ネット上でラベル情報を登録
◆ラベルは自分のプリンタで印刷またはゆうプリタッチで印刷
◆サイズは、3辺合計が90cm以下で、長さの最大が60cm
 最小は、長さ14cm、幅9cm(許容差2mm)
 ※巻物形状については他の指定あり


◎郵便局
 ◆国際eパケット
 ◆国際eパケット料金表



実は、この国際eパケット、料金のうち410円分が「国際書留料」で、純粋な送料は米国なら150円、・・・と、非常にお安いのですね(重量が50gまでの場合)



国際eパケットのラベル印刷

荷物に貼るラベルの印刷は、税関用の情報を記述しなければいけないなど、国内向けとは様子がかなり違います。このラベルの作成と印刷は、郵便局のWebサイト「国際郵便マイページサービス」から行うことができます。


◎郵便局
 国際郵便マイページサービス



ただ、自分の家で印刷する場合、印刷した書類をいれるための透明な専用パウチ(送り状袋)に入れる必要があって、まずはそれを送ってもらう必要があります。

このパウチは、無料で送ってくれるので、実際に発送する前にWebサイト「国際郵便マイページサービス」からリクエストを送っておいた方が良いでしょう。



スマートフォンをお使いなら、自分で印刷する以外にも、郵便局に置いてあるゆうプリタッチを使って無料で印刷することもできます。
これなら、事前のパウチ・リクエストもいらないので、必要になった時、すぐに送ることができます。



ゆうプリタッチの利用

郵便局に置いているラベル印刷の機械「ゆうプリタッチ」で印刷する場合は、スマホ用の専用Webページから行います。


上記と同じ国際郵便マイページサービスのURLをスマホ(iPhone)で開くと、ページの上側に・・・




スマートフォンページで利用できるページはこちら




IMG_1848 Mod2



・・・と、ボタンが表示されるので、そこをクリックすると・・・




国際郵便マイページ for ゆうプリタッチ


IMG_1849



・・・が開きます。


既に、国際郵便マイページのユーザ登録が済んでいるのなら、そのメールアドレスとパスワードで使えますし、ここで新規に登録することもできます。



ただ、パソコンと同じメールアドレスで入っても、パソコンで登録しておいたラベル情報は見ることができませんでした。最初、パソコン上で登録して、iPhone上で"for ゆうプリタッチ"に持っていって、ゆうプリタッチで印刷・・・しようかと思ったりしましたが、やってみると、それができず;;;、再度、iPhoneのこのページから登録する必要がありました。





eBayでのTracking numberの登録

返送品を発送した後、eBay上の返送情報登録で、「発送したよ」と申告するとともに、Tracking numberを登録する必要がありますが、Tracking numberの配送業者には最終的には米国内の配送業者名にした方が良いようです。
この情報は簡単に変更ができるので、相手国の配送業者がわかった段階で、名称を変更してあげると、スムーズに手続きが進むと思います。



最初、Carrierを「Other」(その他)にして、詳細のところに「Japan post」を記述していたんですが、それだとeBayのシステムが経過を追ってくれないようでした。
日本郵便で見ると既に配達が完了していても、eBayでは拾ってくれず、手続きを次に進めてくれません。

そこで、郵便の追跡ページで米国内での配送状況を調べてみると、米国ではUSPSが行ったようなので、USPSの追跡システムで同じ番号を調べてみると、きちんと(主に米国内の動き)追跡できていることがわかりました。
なので、再度、eBayの登録をUSPSに変更してみました。



到着してから、2日間経過してもeBayの"return details"での状況は・・・


In Transit
輸送中





・・・のままで変わりませんでしたが、配送業者を"USPSに変更したところ、2時間ほどで


Delivered
配達済み



・・・に変わってくれました。



変わると同時に、eBayからメールが到着して、手続きが進んだことを知らせてくれました。
荷物がバイヤーに到着したことが確認されると、そこから2日以内に、バイヤーは返金を行わなければいけないようになっているとか・・・







返送料は支払われるか

今回のような、間違った商品が届いた場合は、どんな前提があっても、販売者(バイヤー)側が返送料を支払うようになっているようです。

その時、米国国内では、返送用のラベルをバイヤーが作って、それを購入者が印刷して送り返すことで、バイヤーが送料を負担できる仕組みになっているようですが、米国外の日本ではそのシステムはありません。



で、一応、今回、事前にこのような配送業者を使って、送料は560円、だよ・・・って連絡はしていますが・・・・それを支払ってくれるかどーか;;;;

まぁ、送料含めて2,000円くらいかかっているので、今回の返送料が戻ってこなくても一応1,400円くらいは戻る計算ではありますが・・・




どのようになりますか・・・今後が要注目です;;;




2020/01/15 追記
結局、返送料は支払われぬまま、返品手続きが終了してしまいました;;;
交渉力のなさとeBay利用の知識不足が身にしみます;;;;

面倒で費用の発生する返品・・・これをなくすためには、結局、購入前のチェックが重要ということでしょうね。
同じメーカー、型番でも、本当に自分が欲しい製品の部品なのか、よくよくチェックすべきでした;;;

ipodnavi at 11:56|この記事のURLComments(0)

2020年01月13日

iBookのEthernet端子を修復する

トラブルや修理話の連続となっておりますが・・・今回も引き続き修理話でございます。



さて、2014年に床に落としてEthernet端子を破損していたiBook G3 Dual USBですが・・・

IMG_0173



◎i-Power Style Navi
 iBook G3 700を落としてしまって・・・破損;;; (2014/08/17)



去年、中古のQuadra 800・・・

Quadra800全景_W300



・・・を購入してから、iBookの重要性が増してきました。



まず、iBookにはMacOSX 10.4に加え、MacOS 9.2も入っているので、いわゆるClassic環境上で使用するアプリとかQuadra 800で必要なものも残っていること。

それと、MacOSXとMacOS 9が共存していることで象徴されるように、現代機種とQuadra 800のような超旧型機種との中間的な存在で、ファイルのやり取りする際に、余り考えずにQuadra800がアクセスできるのがiBookである点です。(色々と試していますが、今のところ・・・)



ただ、頻繁にファイル転送したり、大きなファイルを送るようになると、IEEE802.11bのAirMacではとても遅くて、iBookでEthernet端子が使えないことの重大さを痛感するばかりです。


そこで、年末にかけ、一気にiBookのEthernet端子を修理することにしました。




破損状況

ロジックボードを取り出すと、端子周りは・・・

IMG_3713
右側がEthernet端子


・・・というような感じになっておりまして、実は、この右側のEthernet端子は、落下の際にボードから剥がれてしまってまして・・・

IMG_3714


IMG_3720



・・・と綺麗に取れています。



そこで、いざ修理しようと思い、端子を見てみると・・・


IMG_3718



・・・と、あまりにもロジックボードに接続すべき部分が細かい・・・



こりゃぁ〜無理だろう;;;



・・・と諦めかけました。



ところが、半田付けについて調べていくうちに、実はこの細かな部分、半田付けの際にフラックスという液体を使用すると、ハンダが綺麗に必要な部分にのみ分かれ付いてくれる・・・ということがわかりました。


◎YouTube
 ◆面実装部品(ピン間0.65[mm])のはんだ付け
 ◆Professional SMT Soldering: Hand Solde・・・



・・・と、これらを見てみると、フラックスを使って、ドバーッとやれば・・・



できるかも〜♪




・・・ということで、ちょっと"やる気スイッチ"が入ったりしたんですが・・・




再び、よくよく調べてみると、端子が剥がれた際に、基板上のパターンも道連れにしていることがわかりました。




加えて、端子の接続部分だけじゃなく、そこから多分Ethernetの処理を担う素子に繋がるパターンも一緒に剥がされているようです。


IMG_3716


IMG_3714 2






10BaseT端子から素子までの接続

Ethernetケーブルは、8本の細いケーブルをまとめたもので、そのプラグRJ-45も8本接続ポイントがありますが、実は、昔の規格で速度が遅い時代の10Baseではその中の4本しか使っていないことがわかりました。


実際、iBookのロジックボード上の剥がれた跡を見てみると、素子につながっているのは・・・

スクリーンショット 2020-01-13 15.16.06


・・・のような感じです。



10BaseT端子から素子までの接続

そこで、細いケーブルを使って、素子に直付けすることにしました。

Ethernet端子の接続ポイントへのケーブル接続は、養生テープを使って、周辺を隔離することで、経験の"無さ"("不足"ではなく"無い"のです;;;)を補うことにしました。


その結果・・・


IMG_3953



・・・と、なんとか端子を復元することができました!!!



Ethernetケーブル接続が復活して、iMac - iBook間はもちろん、旧型の Quadra 800とiBook間のファイル転送でもかなり速くなりました。




ということで、一応・・・



大成功!!




・・・で、ございます。







修理に使った機材

今回、使ったのが、初心者でも扱い易い半田ごて・・・・



白光「FX600」


IMG_4130



◎Amazon
 白光「FX600」


・・・です。

電気を投入してから使えるようになるまでの時間が非常に短いし(すぐに使えるようになる)、その使い始められる時がランプが消えることでわかり易いのと、温度が一定なのが安心。




それと、細かなEthernet端子の各接点での作業を楽にする、こて先として・・・


白光「C型 T18-C1」



IMG_4124



◎Amazon
 白光「C型 T18-C1」


・・・を使用しました。

この細いコテ先は、Ethernet端子の接点に半田付けするにはピッタリでした。

ただ、Ethernet端子をロジックボードに固定する大きな部分には、引き続きでそのままT18-C1でやろうとしましたが、温度が下がりやすくなってしまうためか、上手くハンダが溶けてくれませんでした。
なので、そこはもともとFX600に付いていたコテ先に変えて半田付けを行いました。




あと、端子から素子までを接続するためのケーブル。

当初、いらないEthernetケーブルを分解して、内部にあるケーブルを取り出して使おうと思いましたが、半田付けの熱に耐えられず(下手なのでつい長い時間を要するからか・・・)溶けてしまったのと、硬くて取り回しが悪いので、急遽、耐熱で柔らかいシリコンケーブルを注文しました。

今回使ったのは、一番手頃だった・・・


BNTECHGO「30AWGシリコーン細線」



IMG_4122



◎Amazon
 BNTECHGO「30AWGシリコーン細線」


・・・です。

いやぁ〜、シリコンケーブル・・・、全く違いました;;;
まぁ、熱で変化しにくいのは言うまでもなく、柔らかいと言う点は作業し易くて、最初から変にケチらない買っておけば良かったと後悔しました。




次に、Ethernetの処理を行う素子への半田付けでも本領を発揮してくれたフラックス、そしてフラックス洗浄剤は・・・

goot「プリント基板フラックス」

goot「フラックス洗浄剤」   



IMG_4126



◎Amazon
 ◆ goot「プリント基板フラックス BS-75B」
 ◆ goot「フラックスリムーバー BS-T20B」


・・・を使用しました。

製品は価格で選びました。goot製品なので、信頼性もあるのでは・・・と思います。

フラックスを頻繁に使うことで、特に隙間が狭い部分での半田付けが楽にできました。
それと、フラックスを使った基板上を洗浄剤により何もなかったように綺麗にできるのも良いです。




そして、一番大切なハンダですが、これまで適当に買って使っていたのが、良く見ると「ステンレス・ニッケル・銅合金用」だったので;;;;、今回、新しく買い直しました。


IMG_4132



◎Amazon
 ◆ goot「鉛フリー高密度集積基板用はんだ SD-51」 (φ0.6mm)
 ◆ goot「リール巻はんだ 100g SE-06010」 (φ1.0mm)


最初、鉛フリーはんだを買ったんですが、やはり融点が高く(216〜227℃)使い辛い面があるので、後から従来品を買い足しました。




今回、半田付けを学んでいく中で、その存在を知ったのが・・・


はんだ吸い取り線!



・・・です。

まだまだ、熱の与え方を理解できてなくて使いこなせていませんが、今回、非常に重宝しました。
間違って続けてしまった時や、取り外した後の不要なハンダを取り除く時など、ハンダを吸い上げてくれて、使い始めると便利この上ない存在です。


IMG_4131



◎Amazon
 ◆ goot「はんだ吸取り線 CP-30Y」 (幅 3.0 mm)
 ◆ HOZAN「はんだ吸取り線 HS-380-2.0」 (幅 2.0 mm)





そして最後に、かなり作業を簡単にしてくれたのが・・・

耐熱性マスキングテープ



IMG_4123



◎Amazon
 ◆ 3Mスコッチ「耐熱性クレープマスキングテープ 」 (幅:6mm)


・・・です。

今回の細かな半田付けの際に、マスキングテープで隣と隔てることで、力量のなさをカバーしてくれました。

それと、細々としたところでは、他のプラスチックの部品に触ったりして溶かしてしまうこともあるので(実際に溶かしてしまった;;;)、周辺の部品に綿密に貼っておくことで失敗を少なくできる・・・と感じました(準備の段階が一番重要ということか・・・)




・・・ということで、まだまだ半田付け・・・勉強中です。

















ipodnavi at 20:23|この記事のURLComments(0)

2020年01月12日

MacOS 8.1の起動中の沈黙を解消する

去年に中古で購入したMacintosh Quadra 800ですが、昔使っていたNorton UtilitiesとかATOKなどを入れているうち、起動中に2分近く沈黙するようになってきてしまったので、そこを改善しました。

Quadra800全景_W300





症状・・・

Quadra 800の起動時、機能拡張を読み込んでいって、アイコンが並び始めた・・・


IMG_3310



・・・この段階で2分間程度、沈黙になります。


この後、再び読み込みが再開されて・・・・


IMG_3312



・・・と、機能拡張などの読み込みが終わり、起動処理が完了します。



"沈黙"と言いうと、今の静かなパソコン環境では何のことやらわからないかと思いますが・・・、当時は電源のファンが少し音がして、HDDの回る音がかなり大きく、加えてHDDにアクセスする際にアクセス音・・・が結構な騒音を出してました。
ここでいう"沈黙"は、「HDDへのアクセス音がしなくなった」ことを指しています。

特に、起動時は、HDDにあるシステム関連を読み込んでいきますので、常時、HDDへのアクセス音が、カリカリ鳴り続きまして、そんな読み込むことが処理の目的でもあるので、アクセスが止まっても長くて"数秒"程度であることが普通です。

なので、数分の"沈黙" は、かなり異常事態です;;;



そこで、何が原因かを特定することにしました。



原因:AppleShare Prep

原因は、ファイル共有の起動時処理の中にあるようで、"システムフォルダ"中の"初期設定"フォルダにある・・・


AppleShare Prepファイル



・・・を排除すると、問題が解消しました。

ひとまず、デスクトップ上に移動して様子を見てみましたが、これにより安定的に解消したので、デスクトップからゴミ箱に移動しました(つまり捨ててしまった)


他のサイトのご経験を参考にすると、AppleShare Prepを移動後に、セレクタでどこかのAppleShareサーバにアクセすると、新しいAppleShare Prepファイルが生成され、トラブルが少ないようです。




AppleShare Prep」ファイルとは・・・

ところで、AppleShare Prepファイルとは、どのような役割を担っているか・・・ですが・・・


起動時に自動マウントするAppleShareサーバの情報を記録


・・・しているんだとか。


◎Focus of Interest
 ◆PismoとLombard 障害復活



また、セレクタでサーバに接続しようとした際にフリーズしてしまうような問題が起きた場合も、AppleShare Prepが原因の場合があるようです。
その場合の怪しいファイルは・・・

AppleShare Prep
ファイル共有
ファイル共有 CP 初期設定
AppleSharePDS ※不可視ファイル

・・・で、これらを一旦退避させてみるとよろしいかと・・・・


◎DTP駆け込み寺
 ネットワーク接続時のエラー



問題の機能の特定

最初、起動時の並ぶアイコンを見ていると、問題が「スクリプト」に関する機能拡張で起きているように見えたので、システムフォルダにあるスクリプトファイルを一旦システムフォルダ配下から移動させて様子を見ましたが、全く変化はありませんでした。



次に、コントロール・パネルにある「機能拡張マネージャ」で、機能を少しずつ削りながら試していくことで問題の機能の炙り出しを行なってみました。

作業としては・・・

◆いくつか(5個くらいずつ)まとめて機能を無効化
◆再起動

・・・を繰り返します。


その結果、ファイル共有を機能から外すと問題が起こらないことを確認しました。


さらに、その際に・・・

IMG_3308


IMG_3307



・・・というようなエラーが表示されることがありまして、そこで試しに"AppleShare Prop"を外してみたところ、問題箇所の発見に結びつきました。








ipodnavi at 19:52|この記事のURLComments(0)

2020年01月11日

iMac 2008のDVDドライブの故障:SONY編

昨日ご紹介したiMac 2008に搭載のDVDドライブの故障ですが、パイオニア製のドライブでした。


◎i-Power Style Navi
 iMac 2008のDVDドライブ調整


で、そちらは去年、中古で購入したiMac 2008に搭載されていたもので、もともと使ってきたiMac 2008に搭載されているDVDドライブは・・・


SONY製



・・・です。



IMG_3860






あっ、実は、ラベルをよくよく見ると、正確には・・・



Sony NEC Optiarc inc.製




・・・となっていて、2006年にNECと共同出資で始まった会社「ソニーNECオプティアーク株式会社」により作られたもののようです。



Sony NEC Optiarc inc.

ソニーの光学ドライブ事業は、わりと短期間で変遷があり・・・

2004年   台湾Lite-Onと共同で光学ドライブを開発
2006年 4月 ソニーNECオプティアーク株式会社開始
2008年12月 SONYがNEC保有株式を買収
      社名は「ソニーオプティアーク株式会社
2012年 8月 SONYがPC用光ディスクドライブ事業からの撤退を発表
2013年 3月 ソニーオプティアークの業務を終了


・・・と、このiMacに搭載されたDVDドライブにあるSony NEC Optiarc inc.という名前も、Sony Optiarc inc.に移り変わる間際の製品だったようで・・・。



一方、iMacの方は・・・


2012年11月 DVDドライブを搭載しない薄型iMacを発売


・・・と、外付けの「Apple USB SuperDrive」を用意したものの、必ずしも必須ではなくなった光学ドライブの年と、ソニーの光学ドライブ生産からの撤退が重なっていて、当時のデバイスの位置付けの変化が見て取れます。



Sony製 DVDドライブの故障

さて、そんなSony NEC Optiarc inc.製のDVDドライブ(以降、"ソニー製")の故障は・・・


時々、取り出せなくなる;;



・・・というものでした。



調子が良い時は、問題なく動いてくれるんですが、時々、ウガっウガッ・・・と吐き出す動きを繰り返しますが吐き出せない・・・状況に陥ることがあります。



分解してみる・・・

そこで、パイオニア製のドライブと併せて状況をチェックしてみました。
できれば、どちらかの良い部品を使って、どちらかがきちんと動くようになってくれれば・・・という思惑もあったんですが・・・


上蓋を取り除くと・・・

IMG_3861



いやいや、もう全くパイオニアのドライブと構造が違います;;;
だから、部品の使い回しなど、できやしません;;;



ガイドする動く部分や、それに付随する機構が、ソニー製の方が複雑に見えます。


パイオニアのドライブは・・・


IMG_3934



・・・と、ソニー製よりもシンプルに感じます。




で、調査の結果、挿入口にメディアを入れた後に、降りてくるアームが、排出時に固まってしまって、邪魔することで排出できなくなる・・・ことが判明しました。


IMG_3862のコピー


この右側が挿入口で・・・



IMG_3862故障のガイド全体



・・・の部分のアームが、メディアを挿入すると降りてきて・・・



IMG_3862故障のガイドのローラー


IMG_3863


・・・のローラーがメディアを支えてくれるんですが、排出するときには、左側からメディアを押すのと一緒に、このアーム(ローラー)が上に隠れるべきなんですが、そこに止(とど)まってしまうため、邪魔になって排出できなくなります。



そのアームは、金属パネルを挟んだ背後で、モーターから歯車・・・


IMG_3903



・・・により駆動させるようなんですが、実はこの歯車に欠けができてしまっていました。


IMG_3905





惰性ででも、この欠けた部分を抜けられた場合は問題なく機能し、ちょうど欠けた部分にはまり込んだ場合には、メディアが排出できなくなる・・・というのが原因だったようです。






修理する?

この歯車一つの問題なので、ここさえ直せば良いのですが・・・

交換ドライブがYahooとかで3〜4千円くらいで販売されているので、コスト的に比較すると、ちょっと悩むところです。



うまく歯車だけ手に入れば安いですが、そんな歯車は特殊なので結構お高い!;;;

今ある歯車の欠けをプラリペアで修復してみるのも、試してみたい感はありますが、強度的に疑問があって、試しただけで終わるかもしれないし・・・



さらに、何よりもBlu-rayも見たいので、どうせ新しいものを買うのならUSB 3.0以上でBlu-rayを扱えるドライブの資金に投入した方が良いようにも思うし・・・で、現在対応を迷ってます;;;;





ipodnavi at 12:10|この記事のURLComments(0)

2020年01月10日

iMac 2008のDVDドライブ調整

去年の6月にiMac 2008が、電源部分の破損により故障し、ひとまず中古のiMac 2008を購入することでその場をしのぎましたが・・・


◎i-Power Style Navi
 iMac 2008 破裂する!!;;; (2019/07/24)






・・・そのiMac 2008のDVDドライブが不調です。




まず、中古に搭載されていたのがパイオニアのDVDドライブで、こちらは何故か音楽CD(CD-DA)だけ読み込んでくれません(到着した時点で既に)

「DVDだけは問題なく扱える」ということなら少し理解できるんですが、同じ経路で読み込むであろう自分で焼いたCD-Rも問題なく読み込めて、音楽CDとなると、バフッと1回いったあと、すぐに排出されてしまいます。
もう、トライしてトライして、結局・・・「読み込めませんでしたぁ〜;;;」って言うんじゃなくて、ちょっと舐めたら「あっ、これいいですぅ〜」って感じで、直ぐに、吐き出されます;;;


DVDドライブのピックアップ部分について少し調べてみると、円盤にレーザーを当てて、それが返ってくると、DVDと、それ以外(CD関連)とに分かれて処理される・・・と説明されています。

系統は同じものの、CD-DAとCD-Rとかは、盤上の構造が違って、CD-DAの方がレンズからの距離が少し遠い(深い)位置になるようなので、そこが狂っているのでCD-DA(音楽CD)が読み込めないのかな・・・ということで、レーザーの強さを調整してみることにしました。




iMac 2008から取り出したDVDドライブです・・・

IMG_3930




ネジを外して、上蓋を取り除くと・・・

IMG_3934




で、多分レーザーの強さを変えるのが・・・

IMG_3914



ピックアップ部分の左横に見える2つのボリューム・・・

IMG_3914のコピー




今回の試みでの経験的に・・・


◆右側がDVD
◆左側がCD関連



・・・・なような気がします(いまひとつ自信がない)





で、試してみたところ・・・片側ずつ調整して、DVDやCD-Rの読み込みを一旦不調にさせたり、復活させたりして、より安定的な読み込みができるようになりましたが・・・・




・・・肝心な音楽CDの読み込みは・・・




復活しませんでした;;;





残念;;;;




強めたり、弱めたりして、CD-Rについての不安定ー安定ーの状態を作ることはできるんですが、音楽CDについては・・・




読めない!





・・・状態で、もぉ〜変な意味で"極めて安定的";;;・・・、押し込んでから、吐き出すまでの時間や処理も特に変化なく、何の影響も与えることができませんでした。



それで・・・結局、諦めました。




で、電源が破裂して故障した方のiMac 2008ですが、そちらに搭載さ入れているDVDドライブは、排出ができない時があって、今回一緒に分解してみてみました。
そのDVDドライブは、メーカーが違ってSONY製のドライブなんですが、分解した結果、排出用のギアの一つに欠けができていることがわかりました。

このお話は、次の機会にご紹介したいと思います。





◎i-Power Style Navi
 iMac 2008のDVDドライブの故障:SONY編




ipodnavi at 10:52|この記事のURLComments(0)

2020年01月09日

Quadra 800 不調の原因は・・・メモリの接触不良

去年の3月に中古で購入して磨いてきた、Macintosh Quadra 800・・・

Quadra800全景_W300



・・・が10月頃から起動時に不調が起きるようになりました。



症状としては・・・


◆起動して起動画面が出る前にチャイムが鳴ってストップ

◆症状はたまに起きる程度
◆再起動か停止後の起動により問題なく起動できるようになる
◆一旦、起動できると再起動を行っても再発しない
◆日増しに発生する頻度が増えてきた



・・・というようなもので、頻度については最終的にほぼ必ず起きるところまで増えてきてしまいました;;;。



原因はメモリ

結論から言いますと、原因は・・・


メインメモリ


IMG_3477



・・・でした。


Quadra 800のメインメモリは、ロジックボード上に8MBあり、そして増設用として72pin SIMM用のメモリスロットが4つあります。現状は、32MBのメモリモジュール4枚で128MBを増設しています(オンボード分と増設合わせて136MByte)


その増設した4枚のSIMMの端子を、エタノールをつけた綿棒で掃除して再装着することと、装着するスロットを入れ替える・・・ことで安定的に症状が起きなくなりました。


◆メモリモジュールとスロットの端子をクリーニングする
◆メモリモジュールの刺す位置を入れ替える





原因の特定

起動画面が出る前のまだ画面が黒い段階・・・ではメモリのチェックを行っているはずなので、もしかするとメモリ周辺の問題かな・・・と考えました。


そこで、ロジックボードのメモリスロットに刺しているメモリモジュールを順に1枚ずつ抜いていって、様子を見ていくことにしました。


実は、症状が出てから、問題の解消に踏み切れなかったのが、この「1枚ずつ抜いて・・・」という作業;;;。
Quadra 800のメモリへのアクセスは、ロジックボードを完全に外さないとできなくて非常に面倒です。まずは電源などの各種ケーブルを外し、背後の4本のネジを緩め、金属カバーを外し、ネジを外した上でロジックボードカバーを外し、その上でロジックボードを取り外して、やっとメモリにアクセスできます。そこから、今度はその逆を進めて・・・という感じ。
まぁ、試している間は、金属の筐体はいちいち被せないので、そこは省けますが・・・何せ自分としては、ちょっと"やる気スイッチ"が入りにくい作業です;;;;(笑)



IMG_3509
これはスロット2のみを抜いたパターン





すると・・・

◆スロット1からメモリを外すとメモリチェックは通過、
 その後アラートが表示され停止
◆スロット1、2から外すと安定的に症状が起きない


・・・ことが判明しました。




これで、「メモリの問題である」ことを確信することができましたが、あとは何が問題なのかという点です。


メモリまわりの問題としても・・・

◆メモリモジュールとメモリスロット(ソケット)の接触不良
◆メモリモジュールのどれか(または"どこか")の破損
◆メモリスロット(ソケット)の破損


・・・の可能性があります。



そのため、更にメモリモジュールを抜いたり、刺すモジュールを入れ替えたりしながら状況を確認していきました。

その結果からメモリの破損ではなさそうなので、ひとまず、各メモリモジュールの接点、スロットの接点、の双方をエタノールで掃除してみましたが・・・


◆スロット1とそのメモリでは問題が起き続ける


・・・ということがわかりました。


そのため、最終的には、第1スロットと第2スロットに刺さっているメモリを交換したところ、安定してくれました。




第1スロットとメモリについては、メモリモジュールの接点に対して、メモリスロットの接点は非常に細い構造になっていることから、入れ替えることでスロットの接点を微妙にズラすことができ、接触不良を回避できたのでは・・・と思っています。






ipodnavi at 21:05|この記事のURLComments(0)

カスペルスキーの最新バージョンはレポート付き

去年、セキュリティソフトの・・・



カスペルスキー

インターネット・セキュリティ



スクリーンショット 2020-01-09 9.14.51



・・・を、最新の・・・


"20.0.0.829"



・・・にバージョンアップしました。



で、インストール直後は、これまでと特に変わらない(内部的には色々と変わっているところはあるんでしょうが・・・)のかと思ってましたが、しばらく経つと、Macの通知機能で・・・



セキュリティレポートの準備ができました




・・・と、見慣れない通知が・・・





カスペルスキーにレポートが付いた!

何とっ!、カスペルスキーは、このバージョンから・・・


"レポート機能"



が付くようになったようで、案内のままにレポートを表示させると・・・



スクリーンショット 2020-01-09 9.52.34


大きくすると・・・

スクリーンショット 2020-01-09 9.45.56




・・・というようなレポートを見ることができます。




表示内容は、過去14日間の・・・


▪️スキャンしたファイルの数
▪️チェックしたWebサイトの数
▪️確認した決済サイトの数

スクリーンショット 2020-01-09 9.47.28



▪️Webトラッキング
 Web解析、広告事業者、Web行動追跡、SNS

スクリーンショット 2020-01-09 9.51.50



▪️プライバシー
 Webカメラへのアクセスをブロックした回数

スクリーンショット 2020-01-09 9.51.56


▪️このコンピュータ
 外部ディスクをスキャンした回数

スクリーンショット 2020-01-09 9.52.03



・・・などが表示されます。


そのほか、機能を有効にすると更にレポートされる項目が増えるようです。




レポート機能の設定

レポート機能は、環境設定の"情報"タブにある・・・


▪️コンピュータの保護状態について2週間に1回通知を受け取る


という項目にチェックを入れることで有効になります。
尚、アップデートをインストールした時点では"有効"になっています。

この機能が有効の時、2週間に一回、レポートを受け取ることができます。




レポートを見るための手順

Macの場合、Macの通知機能で「セキュリティレポートの準備ができました」とお知らせがあるので、そこから表示させられますが、その他には、レポートが作成された以降でしたら、カスペルスキー・インターネット・セキュリティの・・・

"プロテクションセンターを開く"


スクリーンショット 2020-01-09 10.05.35



ボタンを押し、開くページの「ニュース」タブを選び、そのページに並ぶ「セキュリティレポートの準備ができました」というニュース項目中にある・・・

"レポートを表示する"



・・・ボタンを押すことで表示させることもできます。






まぁ、レポートを見られるようになっても、セキュリティの機能面では特にどうということもないんですが;;;、ただ数字的に・・・

"きちんと働いているよっ!"



・・・ということを確認できるのは、面白い機能だと思います。




◎カスペルスキー
 Mac用 最新プログラムのダウンロード







ipodnavi at 10:40|この記事のURLComments(0)

2020年01月07日

新春にiPod nanoが喋りだす!!

寒さが身にしみる7日の日曜日、正月の重い体をワークアウトで絞り込みましょう〜ということで、iPod nano(加えてイヤフォンにBOSEのFreeStyle earbudsと一緒にジョギングに出かけました・・・

IMG_4031




1時間ほどのジョギングを走り終え、FreeStyle earbudsのスイッチからワークアウトを終了させたんですが・・・


数秒すると、なんと・・・



勝手に音楽が始まるっ!




「あれ?、気付かないでiPod nano本体かFreeStyle earbudsのスイッチに触れたのかな」と思い、再度FreeStyle earbudsのスイッチから音楽を切ったんですが・・・また数秒経つと・・・




勝手に音楽が始まる!





その上、何やら音楽の背後で・・・・




喋ってるし;;;;






おまけに、その喋っているのが、何だかわからない言葉・・・





オカルトかっ!





それで、よく聞くために、止まってしばらく耳をすませてみると・・・




えっ!





中国語っ?






そうなんです。
確かに中国語で、喋ってる!!



原因はスイッチ

それで、家に入ってから、iPod nanoを動かしたり、FreeStyle earbudsをiPhoneに接続させたりして、よく調べてみると、BOSEのFreeStyle earbudsにあるスイッチ(リモコン)が不調に陥っていることが原因でした。


IMG_4035




起きていたのは・・・


▪️音量ボリュームが機能しない
▪️音楽が勝手に始まる
▪️謎の中国語が聞こえる;;;


・・・という事象。



これら全て、イヤフォンの右側のケーブル途中にあるスイッチが原因でした。



【音量ボリュームが機能しない】
これは走り初めから気になっていたんですが、音楽の音量が非常に小さいので、FreeStyle earbudsのスイッチから大きくしようとしたんですが、全く効かない状態でした。
iPod nanoは、ジャケットの内側のポケットに入れていたので、出すのが面倒ということで、音量が小さいまま走ってきました。


【音楽が勝手に始まる】
再生開始・停止スイッチが押されたままの状態、ってことでしょうか。
なので、すぐに音楽が始まってしまう・・・


【謎の中国語が聞こえる】
再生開始・停止スイッチが押されたままの状態なので、「ボタンの長押し」と同様の状態になって、今かかっている曲の説明(曲名、アーティスト名)が流れていたようです。




で、でも、何故に、それが中国語なのか・・・;;;





基本、漢字は中国語

で、何故に中国語が流れたか・・・ですが。

このiPod nanoでは、全体の環境設定で、使用言語に


English(US)


IMG_4038



・・・を選んでいます。


どうやら、この状態だと、アーティスト名、または、曲名に"かたかな"や"ひらがな"などが使われているなど日本語と明らかにわからない限り、漢字が含まれる場合には・・・


中国語


・・・で扱われるようです。


で、その時は、言語設定自体が"中国語"になるようで、音声は中国語用のものとなり、アルファベットによる英語の表記なども、ちょっと癖のある("中国語"読みの?)英語になってしまうような・・・



例えば、Sax奏者の勝田一樹さんのSAXREE・・・

IMG_4049



の場合は・・・





エス・イ・エックス・アー・イー・イー

S A X R E E




シェン・ティェン・イー・シゥー

勝  田  一  樹




・・・と言ってるように聞こえます;;;。
SAXREEの"A"の発音がイマイチ聞きづらくて間違いかも・・・




逆に日本語の設定にしいてると、棒読み的になって、いわゆる日本語的?な表現になってしまいます;;;;



ちなみに、日本語設定にした場合の勝田さんの読みは・・・


かつた いちじゅ

勝  田  一  樹



・・・になっちゃいます;;;;
せめて日本語にしたら「カズキ」って呼んであげて!!



FreeStyle earbudsのコントローラの接触を改善する

で、諸悪の根源、FreeStyle earbudsのコントローラーの状態を改善させます!


使ったのは、KUREの「コンタクトスプレー」・・・


IMG_4050mod




・・・です。

実際には、このコントローラーは多分水分が入らないようにきっちり作られているようなので、ここに使って、どれほど効果があるのかはわかりませんが、一応、ボタンをずらしながら、吹きかけてみました。

あとは、左右に動かしたり、上に引っ張ったりして、なんとか回復してきました。


まだ、ちょっと再生の開始・終了の際に効かない時があるので、折を見て再度スプレーをかけて、接点を動かしてやろうと思っています。





ipodnavi at 16:55|この記事のURLComments(0)

2020年01月04日

MacOS 8.1に2020年問題が勃発!!

年明け早々、昨年、中古で購入して、少しずつ磨き上げてきたMacintosh Quadra 800で、新年の起動画面を表示させて、その画像を掲載させていただきましたが・・・

IMG_3996




その後、ふとあることに気がつきました。



それは、メニューバー上に表示される・・・



曜日が違う!!;;;



・・・ということ。




実は、せっかく磨き込んだQuadra 800の維持管理上、内蔵電池を外しておりまして・・・

そのため、Quadra 800を使用する際には、毎回、起動後にまずは日時設定をしてから使用することにしています。


それで、今日も、いつも通り、起動後に現在の日時を設定したんですが・・・


なぜか・・・



日曜日になってる!!;;;



スクリーン 2




・・・ことに気がつきました。


本日、2020年の1月4日、土曜日でございます。




多分、年入力が間違ったんだろう・・・ということで、MacOS 8.1の「日付&時刻」コントロールパネルでもう一度確認してみると・・・

スクリーン 1


スクリーン 1のコピー



・・・と、きちんと"2020"年で設定されています。



Mac OS 8.1の標準機能では2020年で日付設定ができない!

実はこれ、MacOS 8.1の標準の日付設定「日付&時刻」では2020年を入力することができないことによります。

上の画像にあるように、MacOS 8.1の「日付&時刻」では、年の入力を2桁で行なっていて、設定時には、内部でこれに上位2桁分を付加した(足した)数字を反映させてくれます。


それで、去年までは"19"と入力すると"2019"で設定してくれていたんですが、年が明け"20"を入力すると、実は・・・


1920年;;;


・・・で設定されていました;;;;。


試しに、その設定のまま文章を保存してみると、そのファイルの日付は・・・

スクリーン 5 2領域付き



・・・となってしまっています。



ちなみに、iBook G3に搭載されているMacOS 9.2の「日付&時刻」では、年設定は4桁で入力するようになっていました。

スクリーン 11





むむむっ!



MacOS 8.1に2020年問題が勃発!!








で、2020年以降の年設定を行うには?・・・

・・・ってことは、今後はもう適切な日付でQudra 800を使えなくなるの?!・・・と、憂鬱な気持ちになってきましたが、そこは頼りになるネットでございます。

調べてみると、この"2020年問題"に既に気がついてる方がいらっしゃって、解答も掲載してくれておりました。



SIX colorsさん
 ▪️MAC OS 8’S 2020 PROBLEM


この記事によると、サイトbbraunで知られる開発者の方が提供する"SetDate"というユーティリティがあり、このソフトウエアで2020年以降の年設定が可能になるとのことです。


bbraunさん
 ▪️Classic MacOS Software
 ▪️SetDate




さっそくSetDateを使ってみる

さっそく、SetDateをダウンロードして、Quadra 800にインストールしてみました。



ちなみに、ダウンロードはiMac 2019で行なって、iBook G3に転送&解凍してから、そこからQuadra 800に読み込む・・・という方法で行いました。

さすがにQuadra 800からネットに接続しても、表示できないWebページも多く、また描画能力が追いつかないので、現代の機種でダウンロードを行なっています。



・・・で、ダウンロードすると「"SetDate-1.1.cpt.hqx"」・・・


スクリーンショット 2020-01-04 20.53.39



・・・が現れまして、解凍すると・・・


スクリーン 2



・・で、この中のSetDate・・・

スクリーン 7 2



・・・を、Quadra 800の・・・



「システムフォルダ」



「コントロールパネル」フォルダ


スクリーン 4 2



・・・に、格納します。

スクリーン 4


右がMacOS 8.1標準の"日付&時刻"。




で、実際のSetDateの設定画面は・・・

スクリーン 5


・・・と割とシンプルなもの。




最初に起動した際には、MacOS 8.1の標準の日付設定「日付&時刻」による"1920"年が設定されていましたが・・・

SetDate上で、"2020"年を設定することで・・・


スクリーン 7



適切に2020年で設定されて、画面に現れる曜日も・・・・


スクリーン 3 2



・・・と、2020年1月4日の曜日・・・土曜日で表示されるようになりました。






それにしても、何故に1920年?

Macintosh Quadra 800が発売されたのは1993年、その時のOSがSystem 7.1(たしか・・・)。Macintosh 128kは1984年、Apple Computerの設立が1976・・・。

ってことから考えたら、せめて76よりも小さい数が入力されたら、2000を加算しても良いように思うんですが・・・、何故に20が1920年になってしまうのか・・・



一応、古い68K Macintoshの内部管理としては、2040年2月6日6時28分までは時間を保つことができるそうです。


・・・ということで、予想外の2020年問題でした!!




ちなみに、何で内蔵電池を入れないの?

実は、Quadra 800の維持管理上、内蔵電池を外しています。


と言うのも、このQuadra 800に入っていたマザーボードは、内蔵電池が液漏れを起こして、内蔵電池ケースの端子はサビでボロボロ・・・

IMG_2256 2


筐体の内部の金属部分も下パネルや、側面の電池に近いところは、サビサビ・・・

IMG_2286


・・・の状態でした。


現在、腐食したバッテリーケースは取り外して、汎用のケースを再度取り付けたので、問題なくバッテリーを装着できるんですが、電池と言うものは、どんなに細かに管理していても、状況によっては電力がある時点でも漏れる時は漏れるようで、この古いMacにとっては、液漏れはボードはもちろん筐体まで朽ちさせる致命的な結果を及ぼしかねません。

そのため、少しでも良いコンディションを維持するために、少々面倒でも内蔵電池は外すことにしました。






ipodnavi at 22:13|この記事のURLComments(2)

2020年01月01日

遅くなりましたが・・・

IMG_3996



新年、明けましておめでとうございます。


画像は、Macintosh Quadra 800、MacOS 8.1による「謹賀新年」起動画面でございます。



昔は、こうやって新年が明けてMacを立ち上げると、「明けましておめでとうございます」とか表示してくれたもんで、年末から会社に一人で泊まり込みで寂しく仕事をしている時なんかは、「ありがとうぉ〜;;」と、Macとの一体感が生まれたものでございます。


最近は起動音すら鳴らなくなってしまって、寂しい限りでございますねぇ。



さて、昨年中は、忙しさと体調面が悪くて余り記事を書くことができませんでしたが、今年は心機一転で・・・ちょっとだけ・・・多めに;;;、書いて参りたいと思っているところでございます。



年末は、去年の4月頃から取り掛かっていた中古のQuadra 800の磨き込みの最終仕上げとして、フロッピー・ドライブの調整(メンテナンス)、そして、iBook G3 Dual USBのイーサネット端子の復旧作業などを行なっておりました。

何とか、年をまたいで本日元旦にiBookのイーサネット端子の復旧作業も完了して、ひとまずMac環境の整備が完了した次第です。


これらQuadra 800とiBookの作業については、近々、記事にさせていただこうと考えております。




・・・ということで、新年にあたり、皆々様のますますのご活躍とご健勝を心よりお祈り申し上げます



2020年(令和二年) 元旦







ipodnavi at 22:23|この記事のURLComments(0)

2019年09月01日

iTunes Storeでクレジットカードが使えなくなる!!

先ほどの続きで・・・


無事にiTunes Storeが表示されるようになったので、色々とめぼしい曲を探して・・・


YUKIさんのさよならバイスタンダー




・・・を買おうとしたら・・・



今度は・・・


登録されているクレジットカードが使えない

的な



・・・メッセージが表示されて、曲を買うことができません。
ちなみに、さっきのiTunes Storeが表示できない際には、「システムか、マシンのトラブルだろう」と思って、メッセージのスクリーンショットを撮っておいたんですが、さすがにこのエラーだけは・・・



えっ!、カードが使えなくなった?;;;



・・・と、自信のなさが露呈して、スクリーンショットを撮り忘れました;;;;


いえいえ、別に、支払いの滞納をしてしまったわけでもないですし、一昨日もAmazonや楽天で同じカードで購入した(できた)ばかりなので、一応使えているはず;;;;




そこでiTunesのアラートから、登録しているクレジットカード情報を"確認"してみると、セキュリティ・コードのところが何やらエラーとなっているらしい・・・



そこで、セキュリティ・コードを入れて、登録変更してみたんですが・・・



拒否されました

みたいな



・・・エラーが表示されて、一向に支払いが進みません;;;;


一旦、その変更画面を抜けてから再度変更画面に入り直して、同じ操作をしてみても同じ・・・、そこで・・・



カードの月/年




が「●●」のように伏せ字になっていましたが、それを変更して、セキュリティ・コードを入れてみたところ・・・・





登録変更が完了!!



・・・しました〜♪




いや、いや、ちょっと何か変でしょ、これ;;;;



同じように「●●」の伏せ字(番号)になっている、カード番号はそのままにしていたんですが、そこは大丈夫だったみたい。




うーん、今日は、iTunes Storeの動きが変だった;;;;





もしも、同じような状況に陥りましたら、ご参考にしていただければ幸いです・・・









ipodnavi at 17:28|この記事のURLComments(0)

iMacのiTunesでiTunes Storeに接続できない

ご無沙汰しております。

今日、久しぶりにiMac上のiTunesで曲を買いましょう〜♪・・・と思い、iTunes Storeにアクセスしようとしたら・・


スクリーンショット 2019-09-01 16.34.47 2


iTunesは、iTunes Storeに接続できませんでした。
セキュリティ保護されたネットワーク接続が突然解除
されました



・・・と表示されます;;;;。




そこで・・・


1.何度も「ストア」ボタンを押す
2.iTunesを再起動する



・・・と、行いましたが、iTunesのウインドウ上は何も表示されず白紙のまま;;;


結局・・・

3.iMacの再起動


・・・を行ったところ、無事に表示されるようになりました。



スクリーンショット 2019-09-01 16.39.41




iMacのOSレベルの問題だったってことでしょうか・・・




一応、ご報告ということで・・・





ipodnavi at 17:10|この記事のURLComments(0)

2019年07月24日

iMac 2008 破裂する!!;;;

ずっと使って来ましたiMac 2008ですが、先月、内臓ドライブをHDDからSSDに交換したことをご報告させていただきました。


実は、その1週間後くらいに、そんなiMac 2008が・・・



破裂しました!






わりと涼しめの日曜日の朝。


ふとiMac部屋を掃除しようと思いまして、iMacのiTunesで音楽を少々大きめに、そしてノリノリで掃除していたところ・・・・



パっーン!




・・・と、かなり大きな破裂音!!




一瞬、何が起きたかわかりませんでしたが、それまでiMacから出ていた音楽が途切れ、画面も真っ暗!!・・・になっていたので、その破裂がiMacで起きたことは直ぐに理解できました;;;;






ショック隠しきれず(なので写真を撮っておくのを忘れました)・・・、背面の上側にある通気口を見てみると、破裂によると思われる内部からの埃が付いています。

また、焦げ臭い、匂いもしています。



急遽、iMac 2008を再び開腹(1週間前にSSDと交換するために開腹したところです)


電源と思われる部分を見てみると・・・


IMG_2614



・・・と、埃が付着!!;;;

IMG_2616




・・・確かに、熱の通りが悪そう;;;




ただ、埃を掃除機で吸い込んでみたところ・・・


IMG_2638



・・・と、予想していたような破裂後であることが判る素子は見当たりません。


かなりの音がしたので、てっきり漫画に出てくるような四方に花びら状態で広がった素子(多分コンデンサー?)があるのかと思っていました。




ちなみに、破裂時の部屋の中の気温は23度くらい。
それほど、湿度も高くなかったんで、まさかこんなことになるとは思っていませんでした。






・・・ということで、これを機会に、ちょうど3月から発売されたiMac 2019を買うことにしました。



それに加えて、MacOSXの10.5くらいからの古いMac OSも動かせるようにしておきたいので、iMac 2008の中古も買うことにしました。

Yahoo!で見てみたところ、既に2008年モデルはかなり安くなっていて、どこか(DVDドライブとか)調子が悪い部分があったりすると2千円くらいから出品されています。


ちょうど、画面も綺麗で、状態の良さそうものが出品されていたので(値段は少々お高めかも)、1万2000円でゲットしました。





ipodnavi at 11:24|この記事のURLComments(0)

2019年07月04日

iPad同期:写真ライブラリがまだ利用可能になっていない・・・

iMacでiPad 2を同期させようとしたら・・・




写真ライブラリがまだ利用可能に
なっていないため、iPadに写真を
同期できません・・・・・・・・


スクリーンショット 2019-07-04 10.53.30



・・・と出てしまいます。


対策としては・・・

■"写真.app"のライブラリを再設定する
■その上で、"写真.app"の環境設定を再設定する

・・・と、ネット上にあったので、やってみましたが改善の気配がありません。





ちなみに、「ライブラリの再設定」・・・は、"写真.app"を再起動させて、その際に"option"keyを押しながら起動させると、ライブラリ設定のダイアログが出るので、そこで再設定することができます。

また、「"写真.app"の環境設定の再設定」・・・は、「システムフォトライブラリとして使用」項目の指定の再設定です。
"写真.app"の環境設定の"一般"タブ、"ライブラリの場所:"の「システムフォトライブラリとして使用」のボタンを押すことで指定できます。ライブラリを再設定すると、このボタンが押ることができるようになるので(つまり、システムフォトライブラリーとして設定されていない状態)、このボタンを押すことで設定を有効化できます。



そこで、まずは、今現在設定されている"写真 Library"を単に再指定してみました・・・が、改善されませんでした。

次に、一旦新しいライブラリを作って指定し、そこから再度"写真.app"を再起動&ライブラリ再指定で従来の"写真 Library"再設定・・・したりしてみましたが、同じく改善が見られません。



結局、これまでは、内臓のHDDの容量を少なくするために、"写真 Library"を外付けのHDDに保存していましたが、それを再度、内臓HDDに持って来くることにしました。



すると・・・・


改善しました!!




外付けのHDDだから今回の状態に陥ったのか、たまたま内臓HDDに移動したら解決しただけなのか・・・、iPad 2が本体&環境が古いために起きているのか・・・は、解らないですが、一応、これ以降は順調に同期ができるようになりました。


ただ、画像のデータが多分他の方よりも少ないとはいえ、140GBくらいあって、できれば外付けに入れておけるとデータ管理の面ではし易いんですが・・・


スクリーンショット 2019-07-04 10.53.58




残念;;;



ipodnavi at 11:48|この記事のURLComments(0)

2019年06月26日

AppleがiWork(Pages、Numbers、Keynote)をアップデート

AppleのiWorkソフトウエア、Pages、Numbers、Keynoteがアップデートされました。




テキスト部分の強化と、顔検出機能を使った機能、が主なところでしょうか。



スクリーンショット 2019-06-26 10.59.15Pages バージョン8.1
--------------------------------------------------------------------------------
◎テキストをグラデーションやイメージで塗りつぶし、新しいアウト
 ラインのスタイルを適用して、テキストのスタイルを設定できる
◎ページレイアウト書類で、テキストから他のページへのリンクが作成可能に
◎ページやセクションを書類間でコピー&ペーストできる
◎イメージ、図形、方程式をテキストボックス内に設置して、テキストと
 一緒に移動させることができる
◎顔の検出機能を使って、写真の被写体がプレースホルダや
 オブジェクト内にインテリジェントに配置される
◎マスターページを再適用して、テキストプレースホルダやメディア
 プレースホルダをデフォルトのスタイルと配置に戻すことができる

スクリーンショット 2019-06-26 10.59.20Numbers バージョン6.1
--------------------------------------------------------------------------------
◎強化された128ビット計算エンジンにより、正確さが大幅に向上
◎テキストをグラデーションやイメージで塗りつぶしたり、新しいアウト
 ラインのスタイルを適用したりして、テキストのスタイルを設定できる
◎スプレッドシートで、テキストから他のシートへのリンクを作成できる
◎イメージ、図形、方程式をテキストボックス内に配置して、テキストと
 一緒に移動させることができる
◎顔の検出機能を使って、写真の被写体がプレースホルダやオブジェクト
 内にインテリジェントに配置される
◎表の編集中と並べ替え時のパフォーマンスが向上
◎フィルタリングされた表に業を追加できる

スクリーンショット 2019-06-26 10.59.25Keynote バージョン9.1
--------------------------------------------------------------------------------
◎プレゼンテーションでの共同制作中にマスタースライドを編集できる
◎テキストをグラデーションやイメージで塗りつぶしたり、新しいアウト
 ラインのスタイルを適用したりして、テキストのスタイルを設定できる
◎イメージ、図形、方程式をテキストボックス内に配置して、テキストと
 一緒に移動させることができる
◎顔の検出機能を使って、写真の被写体がプレースホルダやオブジェクト
 内にインテリジェントに配置される



2019年06月25日

Quadra 800のお掃除・・・「漂白」編

中古で買ったMacintosh Quadra 800のお掃除ですが、


コッテコテの埃(ヘドロ?)と虫の除去


金属パネルのサビ取り




・・・と来ましたが、それと並行して行なっていたのが・・・



漂白!



・・・でございます。




プラスチック筐体が変色する!

1990年代までのMacintoshは、筐体の全体または部分的にABS樹脂を使っておりました。


Quadra700



上の写真は、今だに人気のあるMacintosh Quadra 700です。
Quadra 700本体、ディスプレイ、キーボード、マウス、・・・と、グレーの部分は全てABS樹脂で、使っているところが非常に多く、ABS樹脂全盛の時代だったと言えるのかもしれません。



そして、このABS樹脂製の筐体は、長く使ってきますと、黄色く変色してきます。

なので、20年以上が経過して中古で出回っている昨今などとなりますと、黄色く、いえ、場合によってはオレンジや茶色と言えるくらいまで変色しているものがほとんどとなっています。



で、この変色は、可燃性であるABS樹脂に燃えないように練りこまれている臭素系の"難燃剤"が、紫外線を長く浴びて分解されることが原因だとか。

以下の"なうなう"さんのページでメカニズムを詳細に解説してくれています

◎「なうなう」さん
 経年により日焼けで黄ばんだプラスチックを驚きの白さに


ちなみに、Quadra 800で見ますと、筐体は側面と上側を"コ"の字を立てたように金属を利用していて、それ以外の前面パネル、背面パネル、底パネル・・・(加えて内部の骨格なども)がABS樹脂製になっています。

で、今回、前面パネルの"漂白"した後の部分パネルと、まだ漂白していないベースを比較すると・・・


IMG_2505 2



・・・な感じで、差が出ます。


実は、漂白をした・・・3つの部分パネルも、元々の色(陽に当たらない裏側などで今でも確認できます・・・)から見ると、もう一段黄色味が抜けても良い程度なんですが、それでも背後の前面パネルと比較するとかなり黄色味が抜けています。


年月を過ごすと、これほど真っ黄黄(きっき)になってしまうのですねぇ〜;;;



漂白作業

さて、漂白作業にはワイドハイターEXを使います。


IMG_2956



ワイドハイターEXに含まれる「過酸化水素」と紫外線による化学変化で黄ばみを解消するのだとか。
つまり、漂白したいABS樹脂をワイドハイターEXに浸けて、そこに太陽を浴びせれば、黄色い色が消えていく・・・という筋書き!


これまでに試した漬け込み方ですが・・・

(1)原液を塗りラップで包む
(2)筆で原液を塗り、乾いたら塗る、を繰り返す
(3)水にハイターを溶かし、漬け込む



(1)(2)の方法は、原液を塗るだけあって効果が早く出てくれます。
ただ、それぞれに欠点がありました。


(1)の欠点
■ラップが均一に触れないので色むらができる

IMG_2383



(2)の欠点
■曲面の山と谷で色むらができる
■筆で塗ったが、塗装がはげたり表面の照りがなくなった

IMG_2473




特に、ワイドハイターの漂白成分のせいなのか、原液を使ったせいなのかはわかりませんが、筆で塗っていると、名称や虹色のAppleマークがはげてきたり、照りがなくなって過剰に白くなる状態になってしまいました。


なので、それ以降、漂白している際には・・・



決して擦らない!



・・・を絶対守るようにしています。



ということで、(3)の水に溶かして漬け込む方法が、効果が遅く日数は掛かりますが、一番綺麗に仕上がるように感じています。


IMG_2951





ただ、裏に金属パネルが付いていて、それが分離できない場合は・・・


IMG_2963



・・・困ります;;;。


前面パネルのベース、背面パネルがそれにあたります。

一応、金属パネルの取り外しを試みてみましたが、後から戻せるような外し方が出来そうもないので、断念しました。


今回は金属にハイターが付かないように、周辺を養生して、筆で塗りつける方法を行なっています。

IMG_2653 2





・・・ということで、何とか掃除と赤サビ取りと漂白で、Quadra 800が・・・




復活しました!!




IMG_2966-1






漂白作業で白くなりすぎた場合

さて、漂白を行う中で、上記でも少し取り上げましたが、漂白をやりすぎたり、擦ったりして、表面があたかもパサパサになったように白くなってしまうことがあります。

たとえば、漂白の液体から上げて、すすいでいる時など、表面に水分が乗っている時には全体的に同じような色合いで綺麗なんですが、乾いてくると、白くまだらになってきたりします。


今回でも、漂白が終わった段階では・・・

IMG_2930-1



・・・と、下側の大きな面積の方が上側の3つの部分パネルよりも白いですが、ところどころ黒い影みたいなものが浮き上がっていて、上の"完成"写真には程遠い仕上がり状況でした。


拡大して、大きな面と一つ上の部分パネルの境界付近の右側・・・

IMG_2930-1 2



そして、大きな面の真ん中あたり・・・

IMG_2930-1 3



・・・と浮き上がっています。


でも、これ、ティッシュとかに水分を含ませて拭いてあげると、水分がある間は何もないように色ムラなく艶やかで綺麗な色合いになっているんです。
「影」と言いましたが、実際にはその影みたいな色が本来出るべき色合いかもしれません。薄黒いところの方が面積が小さいので、浮き上がってきているように見えますが、水分を塗ると色が濃くなってちょうどこの影の色に艶が付いた感じの色合いになります。



・・・ということで、常に水分が付いている状態を実現すれば、色むらが解消するように思えてきたので、そこで、ワックス的なものを使用して艶出しを行ってみることにしました。



使用したのは以下の3つの製品・・・

IMG_2959-1



右側から・・・

(1)KURE「クレポリメイト クリア」
(2)ARMOR ALL「保護つや出し剤」
(3)KURE「シリコンスプレー」




まず試したのが「クレポリメイト クリア」です。

ゴム手袋をした上で、ティッシュに浸して、あとは表面にクルクル塗っていく・・・、数回だけだと乾いて来るにしたがって影が出てくるので、クルクルと何度も塗っていきます。


IMG_2933-1



さらに、ふんだんに塗りこむためにティッシュに補充しながら、しつこいくらいに塗っていく・・・・と、そのうち大きいパネルの半分から下側や、前面パネルの右側のライトとか再起動ボタンがある縦長な部分では、ほぼ色ムラが見られなくなりました。



ただ、まだ少しムラが残っています。



そこで、次に試したのが、ARMOR ALL

これを使うと「クレポリメイト クリア」の残した部分が少し減った感じもしますが、でも、あまり変化はありませんでした。




そこで、最後に試したのが、艶出し剤や保護剤ではないんですが"皮膜を作る"という言葉に惹かれて・・・KURE「シリコンスプレー」です。


ところが何とっ!、このKURE「シリコンスプレー」が効果があって、これでほぼ影が見えなくなりました。
こちらも同様にスプレーの口にティッシュを当てて、ティッシュに染み込ませて、クルクルと塗り込みました。


すると、上記の出来上がり写真のように、影や色合いの違いは見られない状態にまですることができました。



では、まとめ・・・


◎症状が軽い時・・・保護つや出し剤(クレポリメイト クリアやARMOR ALL)
◎重症の時・・・・・シリコン・オイル(KURE「シリコンスプレー」など)



プラスチックの"艶出し"ということでは、この他にも色々な製品があるので、それらも試してみても良いかと思います。
今回、Amazonで気になったのは、プラモデルメーカーのタミヤの「No.36 モデリングワックス」です。



では、これで完全に出来上がり・・・ということで、再度、"復活"のお写真を・・・


IMG_2966-1





スプレーの使用はご注意を!

KURE「シリコンスプレー」は、名前に付いているように"スプレー"なので使用時には吸い込まないように、換気や風の向きに注意してください。

最近、靴や傘に使用する撥水剤を室内で使用して、その時に吸い込み、息ができなくなってしまうケースが増えているそうです。
撥水剤は、水を弾くための製品なので、それが肺に入ると、肺が空気を吸収できなくなってしまうんだとか・・・
最悪、死亡するケースもあったようです・・・

シリコンスプレーの主成分のシリコンオイルも、撥水の効果があるので、もしかすると呼吸困難などに陥る可能性があるため、よく注意して使いましょう(自分も気をつけます!!)





◎Amazon ※価格は全て 2019/06/25 22時 現在のものです
 ■ KURE「クレポリメイト クリア 価格:910円
 ■ARMOR ALL「保護つや出し剤」 価格:682円
 ■ KURE「シリコンスプレー   価格:726円
 ■ タミヤ メイクアップ材シリーズ No.36 モデリングワックス 価格:577円




ipodnavi at 14:22|この記事のURLComments(0)

iMac 2019 用16GBメモリが下がる!

Amazonのレビューで、iMac 2019やMac mini Late 2018で割とトラブルが少ないメモリのひとつ、Patriot MemoryDDR4 SODIMM 2666MHz16GB・・・

41PkabzTLtL



・・・の価格が、また下がりました!!



7,559円!



これまでは、ブラックとレッドで値段が違ってましたが、今回は両者とも同じ値段。
販売はAmazonマーケットプレイスでGadget Lifestyle Japan、発送はAmazon.co.jpです。


◎Amazon
 PATRIOT Viper4 DDR4 SODIMM 2666MHz (PC4-21300) 1.2V 16GB
 価格:7,559円 (通常配送料無料 2019/06/25 6時 現在)



先日取り上げたのが19日、その前は1ヶ月くらい動きがなかったんですが(あくまでもAmazonや楽天その他程度ですが)、1週間経たないうちに更なる低下です。









ipodnavi at 06:27|この記事のURLComments(0)

2019年06月24日

Adobe Fonts

今現在、AdobeのPhotoshopを使うために年契約月払いの「フォトプラン」を利用しているんですが・・・




Adobe Fonts




・・・というサービスが利用できることを知りました。



◎PC Watch
 【Adobe MAX】無償でも6,000フォントまで利用可能となったAdobe Fonts

◎Adobe
 Adobe Fontsの特徴




Adobe Fontsは、Creative Cloudのどのプランでも利用してさえいれば、追加料金なしで使えるサービスだとか。


特徴は・・・


■Creative Cloudのどのプランでも追加料なしで利用可能
■15,000以上の高品質な欧文、和文フォント
■印刷、Web、映像の制作物に使用可能
■使用フォント数は無制限
■Webの場合、月間ページビューとかドメイン数とかの制限なし
■個人でも商用でも利用可能


さらに・・・


■ロゴなどの画像に使用可能
■利用して作ったロゴを著作権での保護、商標登録も可能
■フォントの外観の変更が可能
■PDFや電子書籍に埋め込むことも可能




・・・と、フォントとして二次利用しないで、あくまでも画像や映像を作る範囲なら、幅広く利用できるようです。


ということで、さっそく試してみました。



一番手っ取り早く、利用する方法は、Creative Cloudのメニューの「フォント」タブから・・・

スクリーンショット 2019-06-24 11.18.08



「フォントを参照」ボタン・・・

スクリーンショット 2019-06-24 11.22.44



・・・を押してWebページを開く方法。


すると、Adobe FontsのWebページが開くので・・・

スクリーンショット 2019-06-24 11.11.25


スクリーンショット 2019-06-24 11.28.36


Adobe Fontsのページの左にある"分類"で、今回は"筆記体"を選んでみるとと、175個のフォントファミリーが並んでいます(1ページ目にはその一部分)

その中の"Suave Script Pro"を試しに"アクティベート"してみます・・・


すると・・・

スクリーンショット 2019-06-24 11.29.04


スクリーンショット 2019-06-24 11.29.11



・・・と、すぐにアクティベートされます。


パソコン上の、Creative Cloudのメニューのフォント項目には・・・

スクリーンショット 2019-06-24 11.30.24



・・・とSuave Script Proがアクティベートされていることが表示されるようになります。





試しにPagesでフォントを使ってみると・・・


スクリーンショット 2019-06-24 11.38.04


・・・とフォントのメニューに反映されて、実際に使ってみると・・・

スクリーンショット 2019-06-24 11.38.34



・・・と、他のフォントと同じように使うことができました。







・・・ということで、Adobe Fonts・・・実際に使ってみると、便利この上ないので、今後は使う頻度が増えそうです






ipodnavi at 11:55|この記事のURLComments(0)

2019年06月19日

iMac 2019 用16GBメモリが8千円を切る!!他も低下傾向に

一時は非常に高騰していたメモリですが、だんだんと価格が下がってきてますね。


Patriot MemoryのDDR4 SODIMM 2666MHz 16GB

そんな中、iMac 2019、Mac mini Late 2018に搭載できるPatriot MemoryDDR4 SODIMM 2666MHz16GBが・・・



8,000円を切りました!





Amazonのレビューで、DDR4 SODIMM 2666MHzとしてiMacやMac miniで割とトラブルが少ないメモリの中、このPatriot MemoryDDR4 SODIMM 2666MHz16GBは一番安い方の8,199円という価格でしたが、今日確認したところ、更に安くなっていて・・・



7,999円!



・・・と、いよいよ8千円を切ってきました。


◎Amazon
 PATRIOT Viper4 DDR4 SODIMM 2666MHz (PC4-21300) 1.2V 16GB
 価格:7,999円 (2019/06/19 19時 現在)

41PkabzTLtL




さらに Crucial 16GBの2枚セットも・・・

更に、ちょっと価格は高めだけど、信頼とMacintoshとの相性の良い Crucial16GB2枚の32GBセットも、以前は2万5千円台だったところから、送料込みで・・・



22,628円!



・・・と、こちらもかなり値段が下がってきています。


◎Amazon
 Crucial 32GB Kit (2 x 16GB) DDR4-2666 SODIMM CT2K16G4SFD8266
 価格:22,628円 (送料込み、2019/06/19 19時 現在)

71Oys7qdffL._SL1280_






同じ2666MHzではないですが、16GBで見ると、高騰が始まる前には少なくても、この程度の価格だったようなので(何かで見たような・・・参照場所は不明)、やっとその頃に戻ってきた・・・というところでしょうか。


ただ、こうなってくると、1枚16GBの製品も気になりますが・・・、iMac 2019は1枚32GBのメモリも使えるわけで、32GBもののメモリの価格が下がってきて、64GBの増設!!・・・ってことも現実味が出てくるんでしょうかね;;;





ipodnavi at 19:53|この記事のURLComments(0)

2019年06月16日

Quadra 800の錆び(サビ)取り

中古のMacintosh Quadra 800を購入して、中を開けた時に驚いたものの一つに・・・


錆び(サビ)



・・・があげられます。



例えば、前面パネルの内側は・・・

IMG_2296



となっていて、更に底部分になると・・・

IMG_2285



・・・と、相当分厚い強烈な赤サビ攻撃です;;;;



ただ、このサビ・・・、購入したQuadra 800だけに限ったことでもないようで、オークションで出回っているこの頃の内側に金属板を貼ったタイプの筐体・・・Quadra 840AVとか、Power Macintosh 8100や9500・・・などでは、きっちりサビ防止のメンテナンスをしていない限り、極々普通にサビが見られるようです。






で、そのサビを取る方法について、これまでで得た教訓というか、良いと思う方法をまとめたいと思います。




試したサビ取り方法

今回、Quadra 800で試したサビ取りの方法は・・・


(1)重曹
(2)PiKAL 液状金属みがき
(3)ダイソー スチールウールタワシ
(4)SOFT 99 サビ落としセット


・・・の、4つ。


◎Amazon
 ■ピカール液 液状金属みがき 180g
  価格:799円(2019/06/16現在)
 ■SOFT99 サビ落としセット 09027
  価格:950円(2019/06/16現在)




まずは手軽に重曹をペースト状にしたもの試しました。

IMG_2270



次に、Amazonで買ったPiKAL、ダイソーのスチールウールタワシ、近くの量販店で買ったSOFT 99のサビ落とし・・・

IMG_2778
左から、SOFT 99のサビ落とし、PiKAL、スチールウール





で・・・、この中で、Quadra 800のサビ落としとして一番良いと感じたのが・・・





「スチールウールタワシ」です



IMG_2779


この写真では、もう2個しか残ってませんが、この商品、12個入りです。
108円(100円+消費税)でこの個数は・・・安いです!!




スチールウールタワシの良い点・悪い点


良い点・・・安い。後処理が楽。処置後が綺麗で自然。
悪い点・・・粉が出る。細かい部分では使いづらい。




スチールウールタワシの使い方

まず、もしも、もっと良い使い方や方法があったら、お気軽にアドバイスいただければ幸いです。(何せ、今回が初めてのサビ取り経験なので;;;)


さて、作業場所ですが・・・、スチールウールタワシで擦ると、サビと、タワシの粉が落ちるので、作業場所は、外か、新聞紙などをひいた部屋の中が良いと思います。
そして、マスクや、場合によってはゴーグルなどの目への防御も行った方が安全。


さらに、ゴム手袋をした上で、サビ部分をスチールウールタワシで、"そのまま"擦る(こする)だけです。



例えば、CDドライブに装着する金属プレートで試してみると、作業前の赤サビの状況は・・・

IMG_2694



・・・な感じですが、スチールウールタワシで擦ると・・・

IMG_2698



・・・と、赤サビは綺麗になくなります。
ちなみに、作業前の写真でも既に下に粉が落ちていますが、このパーツの前に行った他のパーツの作業で出た粉です。



深く錆びている場合は、黒ずみが残ることもありますが、赤いザラザラは確実になくなります。
サビが浅い場合は、綺麗にピカピカな面が出てくる場合も多いです。


これまで使った印象としては、スチールウールタワシで変色が残る箇所は、他の方法でも変色するような感じがします。


そして、スチールウールタワシの良いところは、乾燥した状態で作業できるので、擦った箇所に付着したり、新聞紙の上などに落ちたサビやスチールの粉を掃除機で吸うことができて、非常に出来上がりが綺麗な点が気に入っています。



ただ、最初、スチールウールタワシは、てっきり濡らして使うものと思って、風呂場で作業してしまいました。一応、大きなタライの中で作業はしましたが、削った赤サビで風呂場の排水溝や、飛び散った赤サビが風呂場の各所に赤く残る事態になってしまいまして;;;、後悔この上ない状況になってしまいました。


・・・ということで、作業するなら屋内で直ぐに掃除機で吸い取るか、外で作業するのが良いと思います。




また、「細かい部分に入りにくい」という点は、綿棒を使うことで、大分解消しました。スチールウールタワシを薄くして、上から綿棒で押し当てて擦る・・・という方法です。
綿棒の接地面積だけなので、量的に余り長くは持たず根気がいりますが、他の液体物の方法よりもスチールウールタワシを使った方が仕上がりは良いと思います。


前面パネルは・・・

IMG_2632 3


・・・と、黒く変色した部分もありますが、銀色部分が減っても自然な風合いで、それなりに照りも出ています。

念の為、下が作業前の状態・・・

IMG_2357 2





「重曹」の良い点・悪い点

掃除や洗濯など色々な場面で使うため、手軽に使うことができるということで、まず試してみました。

良い点・・・気楽に使える。極々軽い赤サビなら落とせるかも
      風呂で流しても他への色移りは余りないかも
悪い点・・・日が暮れる;;;余りサビは落ちない



「PiKAL 液状金属みがき」の良い点・悪い点

Amazonで評判の良かったサビ落とし材です。
液体クレンザーのように粒子(研磨剤)で落とすタイプの製品。銅製の鍋の外側を磨いて曇りを落としてピカピカにしたりするのに威力を発揮する、とか。

良い点・・・軽いサビなら綺麗に落ちる、かも
悪い点・・・深いサビでは時間がかかる(手が疲れる)


どちらかと言うと、この製品は膜のように薄くついたサビを綺麗に落とすのが役目のような感じがします。スチールウールタワシでこすった後の仕上げで使ったりもしましたが、液体を拭き取らなきゃいけないので、ちょっと面倒。できれば、スチールウールタワシだけで仕上げて、掃除機でサビや破片を吸い取って、乾いた状態で仕上げたい・・・



「SOFT 99 サビ落としセット」の良い点・悪い点

科学の力でサビを除去するタイプの製品。
重曹、PiKAL、スチールウールタワシ・・・と来て、深いサビの場合にピカピカ面が出てこなかったので、「この製品ならピカピカ面が出てくるかも」と非常に期待して使ってみた製品。


でも、そんなことはなかったです。




いえ、使う場面によっては、とても便利で綺麗な仕上がりになるんでしょうが、本件には余り向いていないと感じます。





たとえば、実際に、もうひとつ別のQuadra 800の底板のサビ取りでは、全面的に「SOFT 99 サビ落とし」を使ってみたんですが・・・


作業し始め・・・

IMG_2650



中間・・・

IMG_2658


大分進んで・・・

IMG_2661



・・・と、赤いサビは消えていきますが・・・

IMG_2661



つや消しのようになってしまいます。


いえいえ、こんなことなら、気軽に使えて、値段も安い、スチールウールタワシで良いでしょう;;;;、いや逆にスチールウールタワシの方が黒いながらも艶が出る場合もあるし・・・とガッカリ感が半端ありません。


じゃあ、この上からPiKALで磨いたら綺麗な面が出てくるかも・・・と磨いてみたりもしましたが、状況的には変わらず・・・。


それなら・・・ということで、PiKALで磨いた後、水で流したら、艶が出てきた時もあったんで、「じゃあ水で洗い流してみましょう」と、水で洗い流してみたら・・・メクルメクうちにサビが出てきてしまいました;;;

天気の良いだったこともあり、面が乾いてくると、少しの間に表面が赤く錆びついてきます・・・お昼過ぎに洗って、その日の夕方頃にはかなり錆びついてきてしまいました。
場合によっては処置する前よりもずっと錆びてる箇所もあるような感じ;;;




なので、基本「SOFT 99 サビ落とし」は、布で拭き取って、直ぐにサビ防止材を塗らないとダメで、そこに水が付くと、場合によっては塗る前よりもずっと錆びてしまう可能性があるように感じます。

スチールウールタワシやPiKALで処置した場所は、たとえ水で洗い流して簡単に干しておいた程度でも、数日でサビが入ることはなかったんですけどね;;;


良い点・・・手軽にサビがなくなり、粉が出ない
悪い点・・・広い場所には多量に必要。処置が悪いと錆びやすい



サビ防止

どの方法でサビ取りするにしても、これまでサビができてしまったということは、また錆び付く可能性がある、ということで、サビ取り作業後は錆び予防の処置をしておいた方が良いと思います。

そこで、今回、錆び予防で購入したのが「AZ長期防錆オイル」です。

IMG_2781



◎Amazon
 AZ(エーゼット) 長期防錆オイル 216h 50ml
 価格:441円(2019/06/16現在)



面に落とすと、スーッと広がっていって、浸透性は良さそうです。
ただ、サビへの耐久性のチェックについては時間を要するので、今のところは良くわかりません。









結論

・・・ということで、Quadra 800などのサビ取りには・・・



スチールウールタワシ



・・・を使って、乾いた環境での作業がオススメです。










ipodnavi at 22:37|この記事のURLComments(0)

2019年06月15日

中古 Quadra 800のお掃除;;;

3月に買った中古のMacintosh Quadra 800ですが・・・、その後、少しずつお掃除が進んでおります。


隙間という隙間には虫(の幼虫)が巣食っている状態が一番最悪ですが、その次は内部の金属パネルのサビ、そして埃が一番凄かったのが、電源モジュールでございました;;;。


ファン部分は溢れるように埃が付いていますし・・・

IMG_2309



内部を覗くと隙間なく、埃が詰まっておりました;;;;
もう、火災にならなかったのが不思議なくらい;;;

このまま掃除せずに使うと、絶対、発火しますよ!


残念ながら、余りの衝撃に、つい掃除機で吸い込んで写真を撮っておくのを忘れてしまいましたが、底が見えるくらいまで吸い込んだ後の状況が・・・

IMG_2317



もう、ねっちょり埃が各素子に付着してますから;;;


IMG_2319



掃除機と綿棒を駆使して・・・

IMG_2320



・・・、なんとか綺麗にできました。

IMG_2334


IMG_2336


IMG_2338



ただ、救いは、汚さの割には、各素子のダメージが少なそうなこと

コンデンサーも膨らんでいるような感じもないですし、掃除すると綺麗な状態を見せてくれて、かえって埃が劣化から守ってくれていたような感じすらするくらいです。(単に汚すぎて、そのギャップが綺麗に感じさせるだけか・・・;;;)

IMG_2335





ということで、電源は問題なく使えそうなので、ひと安心です。






ただ、その他の部分では、相変わらず虫が強烈で、端子の穴にも容赦なく巣食ってます;;;

IMG_2340



サイズがイマイチで使ってなかった歯間ブラシが、大活躍です!!

IMG_2344




ipodnavi at 18:06|この記事のURLComments(0)

2019年06月14日

iMac 2008のHDD壊れる!〜SSDへ交換

ご無沙汰しております。

さて、長らく使っておりますiMac Early 2008ですが、HDDの故障で起動しなくなりました。


IMG_2582



使用していて、挙動が変なので、再起動させたら更に悪化して起動しなくなりまして;;;、焦りながら故障の箇所を探していく中、外付けのHDからは問題なく起動するということで、内蔵HDDの故障だと断定しました。


で、次はどのHDDを買おうかとAmazonを眺めておりますと、昨今SSDの価格がかなり落ちてきている・・・と知り、SSDへ交換することに決めました。


SSDの機種

SSDといいますと、1種類しかないのかと思っていましたが、実は採用するフラッシュメモリ(NAND型)の違いから幾つか種類があるらしいです。

■SLC(シングルレベルセル)
■MLC(マルチレベルセル)
■3D MLC / 3D TLC
■TLC(トリプルレベルセル)
■QLC(クアッドレベルセル)


情報を保存する記憶素子である"セル"に幾つのビットを保持させられるか・・・の違いだそうです。
じゃあ、クアッドが一番性能が良いのかと言うと・・・セルに保持できるデータが増えるほどに容量単価が低くなり低価格化できる反面、耐久性が下がる・・・と説明されています。



◎『ちもろぐ』さん
 SLC、MLC、TLC、QLC、4種類のSSDについて徹底解説

◎『価格.com』さん
 SSDの選び方




そして今回購入したのが、購入時点(2019/4)のAmazonで安かったSamsungの1TB SSD『860QVO (MZ-76Q1T0B)』です。


IMG_2571




購入時 12,980円(2019年6月14日現在でもこの価格は変わらず)

Amazonのレビューによると、悪い評価もありますが、他のSSDでも結構悪い評価もあるので、そこそこの評判とあとは価格で決めました。


◎Amazon
Samsung SSD 1TB 860QVO 2.5インチ内蔵型 MZ-76Q1T0B

この製品は、MLC V-NANDフラッシュメモリを使用しているとか。



Samsung SSD 1TB 860QVO

箱から出すと、プラスチックのトレイに、各国語の注意事項が書かれた簡単な説明書が全体を覆うように置かれ、その下に本体が入っています。

IMG_2572




で、SSD本体です。

IMG_2573



裏面です。


IMG_2574



SSDの重さは50gを切れるくらい・・・


IMG_2575




インストール

まずは、直接iMacに装着しないで、LaCie d2 Quadra FireWire 400/800/ USB2 のケースに入れて、外付けとしてTime Machineから環境を作っていくことにしました。

IMG_2766



で、SSDと一緒に、2.5インチのSSDを3.5インチのHDDサイズに変換する「アイネックス HDM-34」というマウンタも一緒に買ったんですが、LaCie d2 Quadraのコネクタは固定されていて、マウンタに装着するとコネクタ位置が合わないため、コネクタにそのまま装着することになってしまいました。

ただ、SSDは軽いので、特にネジに固定しなくてもコネクタへの負担は少なそうです。


IMG_2581



本来格納しているHDDでは・・・


IMG_2578


・・・な感じです。



iMacへの搭載

でインストールが終わり、外付けとして動作もチェックできたので、いよいよiMacに搭載することにしました。

iMacへの搭載にはマウンタHDM-34を使えるだろう・・・と思ってましたが、SSDに装着するとケーブルが届かなくなるため、残念ながら使えないことが判明!!


結局、粘着力の弱い(剥がしやすい)テープで固定することにしました。

で、当初は、iMacに直につけてましたが・・・

IMG_2605


IMG_2605



放熱の面とかで影響ないように、マウンタを装着して、そのマウンタに貼り付けるように変更しました。

IMG_2737




SSD搭載の効果

で、HDDからSSDに変えての感想ですが、SSDの効果として言い尽くされた・・・

■iMacの起動が速い
■各アプリの起動が速い


・・・というのを、やっぱり感じます。

ただ、起動については、驚くほどの速さではないように感じました。



SSDを認識してくれない

で、問題点ですが、交換後、内臓のSSDを"起動ディスク"として設定している場合は特に問題はないんですが、他の外付けのHDDを起動ディスクに設定していて、それがない(起動させていない)場合、これまでだと少し探した後、内臓のドライブから起動してくれたはずなんですが、SSDにして以降、フォルダに"?"が入ったマークが表示されて、SSDがあることを認識してくれませんでした。


しばらく、この状態で使っていた後、ひょんなことから以下の記事を読みまして・・・


◎『diwao日記』さん
 Macのメモリ交換後にやると幸せになれるかもしれない2つのおまじない


・・・試しに、PRAMとSMCのリセットをしてみたところ、起動ディスクの問題が解決して、その上、起動の動作が速くなってくれました!!


■設定にかかわらず最終的にSSDから起動するようになった
■起動が"驚くほど"速くなった


ちなみに、PROMとSMCのリセットは、メモリをはじめ、構成が変わったら行うべき"基本"だそうです;;;
ずっとMacを使ってきましたが、そんな基本・・・知りませんでした;;;;



SSDに変えてから、"やや速くなった"程度の起動から、ひっかかりがなく"驚くほど"の速さになりました。

そういえば、Amazonのレビューの中にも「PCにドライブとして認識されない」と低評価を付けているものありましたが(Windows 10、7、と違いがありますが)、Macの一連のリセットのようにWindowsでも同様の処置を行えば状況が変わるのかもしれませんね。






・・・ということで、SSD、やっぱり速いです!!




ipodnavi at 13:36|この記事のURLComments(0)

2019年03月30日

Macintosh Quadra 800 購入!〜凄かった!!

使いたい古いソフトがひとつありまして、そこで中古のMacintosh Quadra 800を購入しました。


いやぁ〜、凄いっす;;;;




何が凄いって・・・



状態の悪さが凄いっす!!!





筐体に貼っている金属部分やコネクターが錆びたりするのは、ある程度予想はしていましたが・・・


えぇ、確かに金属部分、根深く錆びてましたよ

IMG_2287







でもね、何が凄いって・・・







が凄い;;;;





開けたとたん目に入ってきたのは、羽の生えた7mmほどの虫が幾つか・・・・



でも、「単に虫が紛れ込んでいる」なぁ〜んて状態ぢゃあないんですよ;;


虫が、そこかしこに巣食ってる;;;





一番のハイライトは、ボードのQuadra 800では使われないコネクターの中に・・・

IMG_2264



マユのようなものがあって、そこには幼虫の死骸?(それとも生きてる?)が;;;;







うっく;;;

なんだか、寝ている間に、虫が湧いてきて、部屋の中に広がってしまいそう;;;;







これは予想外だったぁ〜



・・・・ってことで、只今、掃除に邁進中でございます。







それと、やっぱり錆びがかなりひどいので、今回、サビ取りのお勉強を少しいたしました。
まっ、お勉強と言っても、どんな製品がある、とか、どんなもので落ちる、とか、程度ですが・・・



で、さっそく、評判が良さそうなサビ取り剤と保護剤をAmazonで注文しまして、現在、到着待ちでございます。



それと、それが届くまでということで、ひとまず身の回りにあった重曹を使ってサビ取りをしてみました。


重曹を少しの水で溶かしてペースト状にして、患部に塗ってしばらく置いておきます。そのあと古い歯ブラシでゴシゴシやる・・・という方法でございます。

IMG_2276



スッキリとは取れませんでしたが、一応、現役バリバリの赤サビ状態から、赤い金属部分程度の状態までにはできました。


IMG_2297






このあと、到着するサビ取り剤や、近所の100均で買ってくる予定のスチールウールたわし、さらに目の細かい紙やすり・・・などで完全に取り除いてしまいたいと思います。

あっ、それと黄色く変色したボディの漂白もしないとね






ipodnavi at 12:52|この記事のURLComments(0)

2019年03月29日

2019年型 iMacは128GBまでの増設が可能!!

先日発表された2019年型 iMacですが、実は128GBまでのメモリを搭載できるようです!!


スクリーンショット 2019-03-29 7.57.34





現在、Appleのスペック・ページには・・・


8GB(4GB x 2)2,666MHz DDR4メモリ、
ユーザーがアクセスできるSO-DIMMスロット x 4

オプション:16GB、32GB、64GBに変更可能


・・・と、記述されていて、最大で1枚16GBのメモリしか搭載できないのか・・・と思っていましたが、メモリやSSDを始めとして各種周辺機器を販売する米国OWCが、1枚32GBのメモリを装着して試してみたところ見事iMacは認識したということです。


◎AAPL Ch.
 非公式ながらiMac (Retina 5K, 27インチ, 2019)で128GBメモリの動作が確認される。



128GB・・・つまり1枚32GBのメモリ4枚ができるということで、実際、日本国内でも秋葉館では既にSAMUSUNG製の1枚32GBのメモリ2枚セットが104,328円で販売されています。


◎秋葉館
 iMac 27インチ 5K(Early2019) 用メモリ

                 ※アフィリエイト・リンク



個人的には32GB 2枚セットで10万円とかなり高価ということと、40GB(標準の4+4 + オプション16+16)もあれば現状の使い方では十分なようなので、せいぜいiMac 2017の最大値64GB程度に落ち着くとは思いますが、今後、メモリを多く使用する状況になった場合の可能なポテンシャルとしては心強い話ですね




ipodnavi at 08:00|この記事のURLComments(0)

2019年03月20日

iMacの新製品が発表!!

26日に新製品発表イベントを控えているAppleですが、その前にiMacの新製品が発売されました!!


デザインは従来通りで、画面サイズも21.5inchと27inchの2種類。

自分がターゲットにしている27inchを見てみると、ラインナップは松竹梅の3種類は従来通りだけど、コアが従来の4コアから標準の6コアとオプションの8コアに変更されています。
各ラインナップのベースの価格は、従来と全く同じ。



◆その1 198,800円〜
 CPU:Core i5 3.0GHz(Turbo Boostで4.1GHz)6コア
 グラフィック:Radeon Pro 570X(4GB)
 メモリ:8GB 2,666MHz DDR4

◆その2 220,800円〜
 CPU:Core i5 3.1GHz(Turbo Boostで4.3GHz)6コア
    ※BTOでCore i9 3.6GHz(Turbo Boostで5.0GHz)8コア
 グラフィック:Radeon Pro 575X(4GB)
 メモリ:8GB 2,666MHz DDR4

◆その3 253,800円〜
 CPU:Core i5 3.7GHz(Turbo Boostで4.6GHz)6コア
    ※BTOでCore i9 3.6GHz(Turbo Boostで5.0GHz)8コア
 グラフィック:Radeon Pro 580X(8GB)
    ※BTOでRadeon Pro Vega(8GB)
 メモリ:8GB 2,666MHz DDR4
 


最近、SSDの値段が下がってきていたので、BTOでのオプションも安くなるのかと期待してましたが・・・、1TBのSSDで、2TB Fusion Driveからの差額は55,000円と記憶は確かではないのですが、多分変わらない差額かと思います。



○PC Watch
 8コアCPU搭載可能で性能が2倍になった「iMac」












ipodnavi at 16:35|この記事のURLComments(0)

2019年03月12日

Apple 3月26日に新製品を発表!!

Appleは、米国時間 3月25日に新製品の発表を行うそうです。


スクリーンショット 2019-03-12 20.28.49



◎Apple - Events
 Apple Special Event



以前、どこかの記事でiMacのニューモデルが3月中に発表される・・・と予想しておりまして、新型iMacを狙っている者としては非常に楽しみにしていたんですが・・・その予想通り、来ましたね〜♪

でも、この時期というと、iPadも去年の3月に新型が発表されているので、過去から考えるとiPadという線が強いか・・・


追記:
メディアに送られた招待状には「It's show time」と書かれているそうで、ビデオとニュースの定期購読サービスの発表ではないか・・・との予想もあるとか。




◎ケータイ Watch
 アップルが発表会を予告、3月26日2時(日本時間)から
◎ITmedia NEWS
 Apple、3月25日にスペシャルイベント ビデオとニュースの新サービス発表?




ipodnavi at 20:42|この記事のURLComments(0)
iPod Link & Video
Apple Web Link
Apple Computer
iPodサポートTutorial
iTunes サポート(Win/Mac)
iTunes Storeチュートリアル
QuickTime Pro(Win/MacOSX)サポート学習HDギャラリー
iPod & iTunes Tips Link
iPodのHDフォーマットを調べる方法
iPodのH/Dフォーマットを調べる方法
iPod に赤い“X”アイコンが表示される
iPod に赤い“X”アイコンが表示される
誤ったパスコードによって赤い無効画面が表示される
誤ったパスコードによって赤い無効画面が表示される
iPod nanoはMacのキーボードでは正常動作しない
iPod nanoはMacのキーボードでは正常動作しない
Apple Tips Link
GarageBandでPodcastを録音する
QuickTimeProでオーディオPodcastを作る(Win/Mac)
QuickTimeProでビデオPodcastを作る(Win/Mac)
QuickTimeProでiPod用ビデオを作る
MPEG-1メディアの使用方法
Inside QuickTime(和訳)
Inside QuickTime(和訳)
Apple Product Video
iPhone CM
iPhone TV Ads
iPhone CM
iPad TV Ads
Apple 基調講演 ビデオ
Apple Events - Join the crowd
Apple - Events
Podcast : Apple Keynote
Podcast : Apple Keynoteicon
Video / Musicサイト
Mercedes Mixed Tape
iMix by i-Power Style Navi
穏やかな夜にSmooth Jazz Vol.1
穏やかな夜にSmooth Jazz Vol.2
穏やかな夜にSmooth Jazz Vol.3
恋人のためのSmooth Jazz - 朝編
ちょいワル オヤジのSmooth Jazz
しっとり聞きたいPOPS
ウキウキ POPS
ウキィウキィ Smooth Jazz
Beautiful Smooth Jazz
Xmas Selection
Vol.1:Xmas 2010
Vol.2:Xmas 2010 J-Pops
Vol.3:Xmas from Disney !!
Vol.4:Xmas 2010 J-Pops 2
検 索
Google
Categories
Archives
携帯端末用コード
QRコード